家を新築するなら外構(庭)も一緒に考えたほうが良いというお話。

注文住宅の外構にまつわる体験談をご紹介します。

内容は、住宅を新築する際に理想のお庭をつくれなかったというお話です。


当社を利用いただく多くの施主さんは


『もっと家を○○○しておけばよかった』


という後悔のお話をよく聞きます。



ジネンガーデンでは「同時に考える家づくり」をご提案させていただいてます。




”” 家を考える際は、庭も一緒に考えよう ""


というご提案をさせていただいています。



家と庭を考えるコツ

  1. 建物の置き方が大切 魅力的な風景を向けて家を開くように設計するのがよい。 庭を造る際も窓から見える風景を一緒に考えることで、無駄のない外構(庭)が実現できます。

  2. 庭から街並みまでを風景として一緒に考える 建物ー庭ー街並みを緩やかにつなげるのがおすすめ。

  3. 住宅の見えない配管にも気を遣おう 庭に木を植えたいというときに、雨水管や雨水桝が邪魔をすることが多々あります。 木は根があるため大きな木を植栽する際に理想の位置に植えれない場合がある。

  4. エアコンの室外機は植物にとって天敵 配管と同様に、室外機がある場所に植物を植えると樹木が乾燥し、枯れてしまいます。 風景を意識することでこのような問題も初めに考えることをおすすめ。

  5. 窓の位置にもこだわろう 窓から見える風景は自然のアート。 自然の息遣いを間近に感じれる窓位置はこだわろう。


いろいろな位置関係が大事


上記でお伝えしたように様々な位置関係が重要です。


建物の位置、水道配管、雨水配管、浄化槽などの位置

植物にもその場所の向き、不向きがあるため、建築前の段階で外構相談をお勧めしています。


住宅ローンに費用を含みたいお客様は事前お見積りも可能です。


お庭の相談会も行いますので図面やお家の写真など見せていただきながら皆さんの夢をお聞かせくださいね!お待ちしてまーす♪



これから新築をお考えの方は、オープンガーデンにぜひお越しください。

詳しくはこちら


52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示